Oem pcのつくりかた

Description
1. OEM PCのつくりかた 1 2. スピーカー紹介 山下大佑(Yamashita Daisuke) NECソリューションイノベーター株式会社 略歴 …

Please download to get full document.

View again

of 14
All materials on our website are shared by users. If you have any questions about copyright issues, please report us to resolve them. We are always happy to assist you.
Information
Category:

Presentations & Public Speaking

Publish on:

Views: 4 | Pages: 14

Extension: PDF | Download: 0

Share
Transcript
  • 1. OEM PCのつくりかた 1
  • 2. スピーカー紹介 山下大佑(Yamashita Daisuke) NECソリューションイノベーター株式会社 略歴  大学では堆肥を作ってました(農学部でした)  数年前までNEC製PCを作っていました  Lenovoと合併後はデスマを少々  現在はC#でアプリケーションを作成しています 2
  • 3. OEMとは?  相手先ブランド製造(Original Equipment Manufacturing) 一般的には…  他社のブランドの製品を製造・または製造する企業 (例) スズキアルト⇒ マツダキャロル PC製品の場合は…  各PCメーカーがMicrosoftのWindowsをインストールし、 それを看板にしてPCを売る 4
  • 4. BTPとBTOの違い BTO (Build To Order) 顧客が構成を決定同じ構成のPCに展開  顧客の利用意図が不明 (どのような使用にも耐えられる必要がある)  HW/SW構成が無数に存在し、イメージ化できない 5
  • 5. BTPとBTOの違い BTP (Build To Plan) システムの開発・設計 HW(PC)構築 マスタイメージ構築  システムがメインなので、HW構成は限定的  1イメージを作れば、全端末に展開可能 同じ構成のPCに展開 6
  • 6. 仮想イメージ化  ハードディスクに保管されているデータを ファイルシステム構造や制御情報などと一緒に丸ごと写しとって 一つのファイルにしたもの Disc 0 EFI System Partition MSR 残り パーティション Disc 0 EFI System Partition MSR Primary Partition (Windows) イメージファイル Primary Partition (Windows) 展開元PC 展開先PC 7
  • 7. PCができるまで OS ドライバ アプリケーション OSアップデート  修正パッチ  サービスパック 完成 どこでイメージングを行うかによって OSイメージの汎用性が決定する 8
  • 8. WINDOWS ADK 機能名役割 Application Compatibility Toolkit アプリが新OSに移行した際、互換性があるか特定する ツール 展開ツール (DISM, Windows SIM, OSCDIMG etc.) Windows イメージをカスタマイズ、管理、展開 Windows プレインストール環境メディアから起動できるミニOS ユーザー状態移行ツール新OSにユーザーデータを移行するためのツール ボリュームライセンス認証管理ツールボリュームライセンスの管理ツール Windows Performance Toolkit システムイベントを記録し、パフォーマンスデータを分 析するツール Windows Assessment Toolkit 起動時間やパフォーマンスの測定を行うツール Windows Assessment Service 環境設定・PC・イメージ・評価などをリモートで管理す るためのツール 9
  • 9. WINDOWS プレインストール環境 (WINDOWS PREINSTALL ENVIRONMENT)  CD/DVDやリムーバブルメディアから起動できる機能限定版 Windows  メモリ上にマウントして使用するので、ストレージが空でも実行可能  デバイスドライバを組み込んでネットワークや外部ストレージ を利用できる  32MBのRAMディスクを利用できる  再起動すると消えるので、ストレージに残さないデータはここに格納 デモ① 10
  • 10. Windows 7 Windows PE Windowsシェル (エクスプローラ) .NET Framework /CLR リモート・ デスクトップ POSIXなどの サブシステム そのほか… Windows インストーラ サーバ・サービス VDM(DOS) DirectX WOW(Win16) オーディオ Windowsサブシステム(Win32) TCP/IP GDI PnP Windowsカーネル ネットワーク・ クライアント 大容量記憶装置NTFS 11
  • 11. DISM (展開イメージのサービスと管理)  Windowsイメージのキャプチャおよび適用  イメージファイルへパッケージやドライバの追加・削除  イメージを別のエディションにアップグレードする Disc 0 EFI System Partition MSR 残り パーティション Disc 0 EFI System Partition MSR Primary Partition (Windows) イメージファイル Primary Partition (Windows) 展開元PC 展開先PC デモ② 12
  • 12. システム準備ツール(SYSPREP)  Generalize:Windowsからシステム固有のデータを削除  展開元PCのSIDやドライバなどが、展開先PCに移らないようにする機能 展開元PCでイメージ環境ができたら、最後に実行する  Windows ライセンス認証をリセットできるのは3回  Audit:監査モード(カスタマイズ支援モード)で起動するよう Windowsを構成  通常のWindowsと同じように使用できる  UACが出ないビルドインAdministratorで作業可能  再起動してもAuditモードが継続  Oobe:「Windowsへようこそ」が起動するよう構成 デモ③ 13
  • 13. WINDOWS SYSTEM IMAGE MANAGER  クリーンインストールから初回起動時までのさまざま設定が可能 使用例①:自動インストール WindowsSIMで 応答ファイルを作成 クリーンインストール時 に応答ファイルを適用 • インストール完了 • 自動でログオン 使用例②:Sysprep 拡張機能 WindowsSIMで 応答ファイルを作成 Sysprep実行時 に応答ファイルを適用 • インストールした ドライバ情報が削除されない • Generalize実行回数が減らない 14
  • 14. OEM PCができるまで(一例) OS (+応答ファイル) ドライバ アプリケーション OSアップデート  修正パッチ  サービスパック Sysprep実行 (+応答ファイル)  generalize  audit 展開元PC WindowsPE で起動 イメージ取得 イメージ ファイル WindowsPE で起動 OSアップデート  修正パッチ  サービスパック イメージ適用 ドライバ アプリケーション 展開先PC Sysprep実行 (+応答ファイル)  oobe 完成 パーティション 作成 15
  • Related Search
    oem
    We Need Your Support
    Thank you for visiting our website and your interest in our free products and services. We are nonprofit website to share and download documents. To the running of this website, we need your help to support us.

    Thanks to everyone for your continued support.

    No, Thanks