cloudpack(AWS運用事業)一周年でわかってきたこと

Description
1. @suz_lab 2. @suz_lab (suz-lab) 3. cloudpack 2010/4/19開始 AWS関連事業  導入支援 ○ AWSプロダクトの啓蒙 ○…

Please download to get full document.

View again

of 16
All materials on our website are shared by users. If you have any questions about copyright issues, please report us to resolve them. We are always happy to assist you.
Information
Category:

Slides

Publish on:

Views: 0 | Pages: 16

Extension: PDF | Download: 0

Share
Transcript
  • 1. @suz_lab
  • 2. @suz_lab (suz-lab)
  • 3. cloudpack 2010/4/19開始 AWS関連事業  導入支援 ○ AWSプロダクトの啓蒙 ○ 障害に強い構成のリコメンド  運用保守 ○ 定期的なバックアップの取得 ○ 24時間365日の監視と復旧
  • 4. AWS用語用語 意味ELB ロードバランサーEIP 固定IPアドレスEC2 仮想マシンEBS 仮想ディスクRDS データベース(MySQL/Oracle)SNAPSHOT ディスク(EBS)イメージAMI マシン(EC2)イメージS3 WebストレージSQS キュー
  • 5. AWS概要アメリカ東岸 アメリカ西岸 アイルランド シンガポール EIP ELB 東京 Aゾーン Bゾーン EC2 EBS EC2 RDSS3 SNAPSHOT AMI SNAPSHOT SQS
  • 6. 100+インスタンスを1年運用 EC2は稀に無反応 他のプロダクトは大丈夫  多少障害が発生しても許容範囲内  RDSは常にMulti-AZを利用 Aゾーン 自動フェイルオーバー Bゾーン RDS RDS (active) 同期 (standby)
  • 7. まず薦めること AMIは”EBS Image”を利用  EBS Image : Stop/Start可能  Instance-store Image : Terminateのみ EC2を複数ゾーン分けてELBで分散 ELB Aゾーン Bゾーン EC2 EC2 できるだけRDS(MySQL)を利用
  • 8. EC2が無反応になったら(1) “EBS Image”を前提 EBSは生き残っている 無反応化直前の状態に復旧可能
  • 9. EC2が無反応になったら(2)
  • 10. EC2が無反応になったら(3) 最後に復旧したEC2にEIPを切り替え EIP 切り替え EC2 EC2 バックアップからの復旧はまだ未経験  定期的なSNAPSHOT  ファイルコピー、データエクスポート
  • 11. S3をいかに利用するか 設計  耐久性: 99.999999999%  可用性: 99.99%  単一の施設でのデータ喪失を防ぐ ツール  Client : AWSコンソール, S3Fox Organizer  Server : AWS SDK, s3fs, s3cmd(s3sync) WEBホスティング機能  インデックス/エラードキュメントを指定
  • 12. S3の利用例(1) Webホスティング EC2から定期的にS3にデータ(JSON/XML) やコンテンツ(HTML)をアップロード EC2とJSONPで非同期通信(Ajax) EC2 S3 HTML Batch CSS JSON/XML JavaScript 静止画/動画 API SWF
  • 13. S3の利用例(2) S3関連ツール EC2 EC2  s3fs Nagios Apache  s3cmd / s3sync 対象ファイル ログ s3fs s3fs  Webコンテンツ 同期  設定ファイル  ログ ログ Webコンテンツ  バックアップ バックアップ 設定ファイル S3
  • 14. SQSも使ってみる SQS メッセージ メッセージ メッセージ EC2 EC2 EC2 EC2 非同期で処理できるもの(バッチ処理など) EC2に障害が発生してもキューにメッセージが 残っていればEC2を復旧することで処理を再開 できるだけ非同期処理化
  • 15. まとめ EC2は稀だが無反応になる前提で  無反応でもサービスが止まらないように  無反応になったときの復旧手順 RDSを可能な限り利用する S3を可能な限り利用する EC2以外の対策はお金や時間と相談
  • 16. おすすめ日本語資料 AWS アーキテクチャセンター  http://aws.amazon.com/jp/architecture/  AWS 上での耐障害性の高いアプリケーションの設計に関 するホワイトペーパー ○ http://media.amazonwebservices.com/jp/wp/AWS_WP_Fa ult_Tolerant_JP_v20110517.pdf slideshare  http://www.slideshare.net/kentamagawa/  AWSを用いた耐障害性の高いアプリケーションの設計 ○ http://www.slideshare.net/kentamagawa/aws-7991623  AWSを用いたWebホスティング ○ http://www.slideshare.net/kentamagawa/aws-8078526  クラウドのためのアーキテクチャ設計 - ベストプラク ティス - ○ http://www.slideshare.net/kentamagawa/ss-8023416
  • We Need Your Support
    Thank you for visiting our website and your interest in our free products and services. We are nonprofit website to share and download documents. To the running of this website, we need your help to support us.

    Thanks to everyone for your continued support.

    No, Thanks